離婚調停と審判の違い

夫婦間の同意があれば協議離婚となりますが、どちらかが離婚に同意しない場合や、同意できても慰謝料や財産分与、子供の親権など、夫婦間の話し合いだけでは離婚がまとまらない場合に、家庭裁判所に申し立てを行うのが離婚調停です。離婚そのものたけでなく、慰謝料や子供の親権など離婚に関するすべての問題について同時に話し合いをし、解決できます。ただし、強制力はないので、離婚には夫婦間の同意が必要となります。

 
一方審判とは、調停が成立しなかった場合、夫婦の公平を考えて離婚した方がいいと判断される場合、家庭裁判所の権限で離婚を成立させることができる措置です。審判では離婚の判断だけでなく、親権者の決定、養育費など離婚に付随する様々な事柄が決められます。ただ、離婚に合意できない理由が感情的反発の場合、子供の親権など早急に結論を出した方がいい場合など、ごく限られた事情の場合のみにとられることがほとんどです。

自転車競技
調停と審判の違いは、前者が夫婦の同意があくまでも必要、後者には裁判所が夫婦の公平を考えて離婚した方がいいと判断された場合、強制力があるということです。ただ実際は、「当事者双方の申立の趣旨に反しない限度」が難しいため、調停が成立しなかった場合は、この措置をとばして裁判離婚になることが多いようです。

Comments are closed.