審判申し立ての費用

夫婦双方が離婚に関しては合意していても、財産分与や慰謝料の金額、親権などについて話し合いで解決が出来ない場合には、離婚調停を申し込むこととなります。
調停離婚の申し立てには、印紙代と連絡用切手代のおよそ2000円前後が必要となります。
これは家庭裁判所において、調停委員が双方の言分や離婚を決めるに至った経緯を聞き、裁判官の指揮のもと夫婦に対して公正で具体的な解決案を示すことで、当事者同士の合意を成立させるというものです。
双方の話し合いで解決できない離婚の多くはこうした離婚調停で成立することがほとんどですが、調停を行っても当事者同士が感情的なわだかまりなどによって問題を解決できない場合は、家庭裁判所での審判離婚を申し立てることとなります。
審判離婚では、これまでの調停手続きなどを元に裁判所が問題となっていることに関しての審判を下すため、当事者同士の合意は必要なくなります。
ただし、どちらか一方が異議を申し立てると効力を失ってしまうため、あまり利用されることのない制度といえます。
審判申し立てにかかる費用は、調停離婚の申し立てと同様でおよそ2000円前後となっています。この際、弁護士を立てるような場合は、その分の費用がかかります。

Comments are closed.